ホームプロフィール 事務所概要・地図問合せフォームENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2013.03.26

契約を締結するとき、対面で契約書の内容を読み合わせて、お互いが見ている前で捺印しないとだめかというと、そんなことはありません。
 
部屋を借りるとき、不動産屋さんと顔を付き合わせて、契約書の内容について説明を受けますよね。

そのイメージから、このような疑問を持たれる方がいるようです。


不動産の契約においては、不動産屋には、契約書内容の重要な部分を説明する義務があります。(宅地建物取引法35条)

契約書を最初から最後まで全部読み上げるわけではなく、重要ポイントのみを「重要記載事項説明書」という別紙にまとめ、それに基づいて説明します。

このような特殊なケースでなければ、契約書を対面で読み合わせる必要はありません。

署名、捺印も対面でする必要はなく、郵送で契約書をやりとりして構いません。

 

英文契約書と日本語契約書の作成・翻訳・リーガルチェック

アポスティーユなどの証明・認証の取得代行、証明書類の翻訳 

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム リンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック文書スピード相談ENGLISH
Copyright © 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.