ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム ENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2013.04.08

2010年、ロシア在住の方に認証書類を納品するため、ロシア・日本間の郵便事情を調べたことがありました。

そのお客様によると、日本からロシアへの普通郵便は10日~2週間、ロシアから日本への郵便は1週間~10日かかるとのこと。

日本とロシアは、地理的にはアメリカやヨーロッパとの距離よりも近い。

しかもこの方の居住地は、田舎ではなくロシアの大都市。

それなのに、この時代にそんなに遅いの?というのが、正直な反応でした。

普通郵便じゃなくてEMS(国際スピード郵便)ならさすがにもっと早いでしょう、と思ったところ、普通郵便とほとんど変わらないとのこと。つまり10日以上。

郵便局のウェブサイトでEMSの配達所要日数を調べると、5日と出るのですが、実状はそうではないようです。

おそらく、荷物がロシアに到着した後に、個人宛に配達されるまでが長いのでしょう。

 

EMSは速くて安い、という一般的なイメージがあります。

しかし、宛先により事情が異なるのだと実感しました。

郵便局のウェブサイトで配達日数を調べられますし、郵便局でも目安の日数を教えてくれますが、その国に到着してからの配達状況が正確に勘案されているとは限らないので、あくまでも参考ということになるでしょう。

また、国際情勢も配達日数に影響します。

テロの発生、2国間の関係悪化などがあると、関税で荷物の中身を厳しく調べられて何日も引き留められる、ということもあります。

FedExなどの国際宅配便だと、郵便に比べると料金は格段に高いだけあり、配達は速いです。

ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクには、3営業日後に届きました。

関税でひっかかると余分な日数がかかる可能性があるのは郵便と同じですが、郵便ネットワーク内で長期間留められるよりは、国際急便会社内で留められる方が安心度が大きい気がします。

 

法務・翻訳事務所オーロラのサイト

契約書(日・英)の作成、翻訳、リーガルチェック

証明・認証(アポスティーユなど)の取得代行、翻訳

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォームリンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.