ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム ENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2022.01.25

海外に書類を提出する時に、日本語の文書を英語に翻訳することがあります。

その際に、「公認翻訳者」(Official translator)、「登録翻訳者」(Registered translator)による翻訳でなければならないという指定がある場合があります。

公認翻訳者、登録翻訳者とは、誰なのでしょうか。

どこで見付ければいいのでしょうか。

 

「公認」も「登録」も、誰に(どの機関に)認められていればいいのか、誰に(どの機関に)登録されていればいいのかを明らかにする必要はありますが、この場合は通常は、国家機関を指していると考えられます。

翻訳の国家試験に合格して業務を行っている方、翻訳者を管理する国家機関に登録されている方などを指します。

 

そのような制度が存在する国もあります。

たとえばオーストラリアには、NATTI(ナティ)という翻訳者・通訳を認定する国家機関がありますので、NATTIの認定を受けている翻訳者は、「公認」翻訳者、「登録」翻訳者に該当します。

 

しかし、日本には、翻訳の国家試験や、翻訳者を登録する国家機関はありません。

翻訳の業務は誰でもできる、と言われることがありますが、たしかに、何かの試験に合格する必要もなく、どこかの機関に届け出る必要もなく、誰でも業務として行うことができます。

国家レベルではありませんが、業界団体が設置した認定制度や検定はあります。

日本翻訳連盟のほんやく検定がよく知られています。

このような検定に合格することで、一定レベルの翻訳技術を持つことを証明することは可能です。

 

このように、翻訳者を管理する国家機関が存在しない日本の制度下では、「政府公認翻訳者」は存在しないため、公認翻訳者による翻訳が必要になった場合には、別の方法を考える必要があります。

具体的には、提出先に日本には翻訳者公認制度はないことを説明し、以下のような翻訳で代替可能かを確認するとよいかと思います。

・大手翻訳会社による翻訳

・民間翻訳機関に登録(認定)された翻訳者による翻訳

・法律専門家による翻訳

・翻訳者が発行した翻訳証明書を提出する

・翻訳に公証人、外務省等の証明を受ける

 

いずれにせよ、最も重要なことは提出先がOKと言うかどうかです。

提出先の意図を、よく確認しましょう。

 

【認証取得の代行、証明書の発行】

弊所では、外国領事の認証、アポスティーユ、公印確認、公証人認証、その他の認証・証明を取得する手続きを代行します。

また、行政書士認証、翻訳証明を発行しております。

下記連絡先までお気軽にお問合せください。

電話:06-6944-3341

問合せフォーム:【法務・翻訳事務所オーロラ】

AURORA Translation & Legal Services obtains legalization by foreign consuls in Japan, Apostille, Authentication of Official Seal, and notary’s certification on behalf of you.

We also issue our own certificate as a legal professional and a legal translator.

For details, please contact us by:

Phone: 06-6944-3341 (+81-6-6944-3341 from outside Japan)

Email: contact@aurora-office.biz

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォームリンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.