ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム ENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2021.10.16

外務省の証明(アポスティーユ、公印確認)は、窓口に書類を持ち込むか、または郵送により申請することができます。

ただし、東京の外務本省は、現在コロナ対策で郵送のみの受付となっており、大阪分室は、窓口もオープンしていますが、郵送申請を推奨しています。

申請手続きガイド 3 申請方法・必要書類|外務省 (mofa.go.jp)

郵送申請の制度は以前からあり、遠方の方を中心に利用されていたと思いますが、弊所は外務省大阪分室まで徒歩5分ほどのため、常に窓口で申請していました。

しかし、コロナ禍においては、弊所でも郵送申請を利用する時が出てきました。

大阪分室では、窓口申請の場合、従来は翌開館日から受領が可能で、その早さも窓口申請のメリットだったのですが、現在は受取りは1日遅くなり、翌々開館日から受領可能となっています。

一方、郵送申請の場合、現状では、郵便が到着した翌開館日に手続き済み書類が発送されています。

ということは、窓口で申請しても郵送で申請しても、証明済み文書が手に入るタイミングは、あまり変わりません。

したがって、早さの点からすると、窓口まで持って行くメリットはあまりなく、訪問したいけど難しいという場合には、推奨されているとおり、郵送申請を利用すると良いと言えます。

 

このように、コロナ禍においてはますます便利な外務省証明の郵送申請ですが、海外からは申請できるのでしょうか。

残念ながら、日本国外からの郵送申請は、受け付けられません。

また、発行済み証明を海外の住所に送ってもらうこともできません。

下記の外務省サイトに記載されています。

申請手続きガイド 3 申請方法・必要書類|外務省 (mofa.go.jp)

海外在住の方は、日本にいる親族や友人に依頼するか、取得代行のサービスを利用して申請しましょう。

 

【認証取得の代行、証明書の発行】

弊所では、外国領事の認証、アポスティーユ、公印確認、公証人認証、その他の認証・証明を取得する手続きを代行します。

また、行政書士認証、翻訳証明を発行しております。

下記連絡先までお気軽にお問合せください。

電話:06-6944-3341

問合せフォーム:【法務・翻訳事務所オーロラ】

AURORA Translation & Legal Services obtains legalization by foreign consuls in Japan, Apostille, Authentication of Official Seal, and notary’s certification on behalf of you.

We also issue our own certificate as a legal professional and a legal translator.

For details, please contact us by:

Phone: 06-6944-3341 (+81-6-6944-3341 from outside Japan)

Email: contact@aurora-office.biz

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォームリンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.