ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム ENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2023.12.13

2023年11月7日付で、中国がハーグ条約(領事認証不要条約)の加盟国になりました。

これにより、中国向けに提出する文書に対して、中国領事の認証を取得する必要がなくなりました。

これまで領事認証の取得が求められていたケースにおいては、今後は外務省が発行するアポスティーユの取得が求められるということになります。

領事認証の取得には手間も時間もかかりますので、書類を準備する側としては、アポスティーユの方が助かります。

【ハーグ条約締約国(アポスティーユ対象国)の一覧】

申請手続きガイド 【参考資料】 「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」の締約国(地域)|外務省 (mofa.go.jp)

 

On November 7, 2023, Chinabecame a member country of the Hague Convention.

This means that for documents to be submitted to China longer require legalization by Chinese consul.   Going forward, Apostille certification will be required, instead.   Because Apostille is much easier to obtain than legalization, this is a welcome change.

 

【認証取得の代行、証明書の発行】

弊所では、外国領事の認証、アポスティーユ、公印確認、公証人認証、その他の認証・証明を取得する手続きを代行します。

また、行政書士認証、翻訳証明を発行しております。

下記連絡先までお気軽にお問合せください。

電話(日本国内):06-6944-3341

電話(海外から):+81-6-6944-3341

問合せフォーム:【法務・翻訳事務所オーロラ】

AURORA Translation & Legal Services obtains legalization by foreign consuls in Japan, Apostille, Authentication of Official Seal, and notary’s certification on behalf of you.

We also issue our own certificate as a legal professional and a legal translator.

For details, please contact us at:

Phone (Japan domestic): 06-6944-3341

Phone (International): +81-6-6944-3341

Email: contact@aurora-office.biz

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォームリンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.