ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォーム ENGLISH
教えて!オーロラ 契約書のこと、アポスティーユ認証のこと、英語のこと
2013.04.16

2008年に、アフリカの国、タンザニアのある行政手続について調査したときのことです。

海外から郵送で手続が可能か、そして具体的な手続方法を知りたかったのですが、ウェブ上ではその情報は収集できませんでした。

それなら、管轄行政機関に直接聞くのが一番早いはず。

幸いウェブサイトには、本部機関と各地のオフィスのTEL・FAX番号一覧、さらに問合せ用メールアドレスも載っています。

これだけ手持ちの番号があれば、どこかに連絡がついて質問できるだろうと思っていました。

まず、メールでの問い合わせは返信なし。これはまあ、予想どおりでした。

その後、電話とFAXでの連絡を試みたのですが、

不通、「国際電話は受け付けていません」 とメッセージが流れる、コールは鳴っているが誰も出ない、何回かコールが鳴ったら勝手に切れる、などなど。

曜日や時間を変えて何回もトライしても、一向につながりません。

管轄外の他のオフィスに片っ端から電話しても、同じ状況です。

 

2週間ほど経って、やっと2人の方と電話で話すことができました。

しかし、「書類の郵送で手続ができるのか」という一番知りたい点について、2人の言っていることが違います。

1人は「だめ」の一点張り、1人は「できます、私宛に送ってください」。

「できます」の方がこちらとしては有り難いので、その方宛に送ってみようとした矢先(ちなみに、その場合“心付け”を同封すべしというアドバイスも受けました)、この案件自体がキャンセルになってしまいました。

結局、正解はわからずじまいです。

ウェブが発達して情報が簡単に手に入るとはいっても、そうとは限らないと実感した出来事でした。

 

ちなみに、タンザニアに書類を送る場合の料金を調べると、郵便局のEMSは1,800円、FedExは10,000円、DHLは15,000円(2008年現在)。

目安の配達日数はどれもほとんど同じ。

それなら料金の点でEMSが断然選ばれそうですが、単純にそういうわけではありません。

郵便の場合、郵便があちらの国に到着してから宛先の住所に届くまでは、その国の郵便事情に身を任せるしかありません。

ロシアの郵便事情」に書いたとおり、日本と同程度のスピードを自動的に期待することはできず、びっくりするくらい遅いこともあり得ます。

一方、FedEx、DHLなどの国際宅配便は、宛先国に到着後の配達も早い。

郵便を使うか国際宅配便を使うかは、予算と急ぎ具合の両方を考えて検討する必要があります。

 

法務・翻訳事務所オーロラのサイト

契約書(日・英)の作成、翻訳、リーガルチェック

証明・認証(アポスティーユなど)の取得代行、翻訳

ホームプロフィール事務所概要・地図問合せフォームリンク集
英文契約書の作成日本語契約書の作成英文契約約書の翻訳日本語契約書の翻訳
契約書のリーガルチェック ENGLISH
Copyright © 2010 法務・翻訳事務所オーロラ all rights reserved.